〆のラーメンは育毛に悪い

お酒の後に〆のラーメンを食べていませんか。実は育毛に悪い習慣なのです。お酒自体が髪によくないのですが、ラーメンを食べるとさらに髪に悪影響を与えます。
ラーメンは脂肪分がたっぷりです。脂肪の過剰摂取は皮脂分泌を活発にして毛穴をつまらせます。毛穴がつまると髪が抜けやすくなり、成長が悪くなります。汚れが邪魔をして育毛剤の浸透も悪くなります。

糖質が多く含まれているのも育毛によくありません。糖質の代謝にはビタミンB群が必要です。ビタミンB群は皮脂分泌のコントロールにもかかわっていて、不足すると皮脂の分泌が活発になり毛穴がつまります。お酒は糖質が多く、そのあとに糖質が多いラーメンを食べると、ビタミンB群が大量に消費されます。その結果、皮脂分泌が活発になって毛穴がつまります。

夜遅くに食べるのも悪い習慣です。消化が十分に終わっていないのに眠ると睡眠の質が悪くなります。寝ている間は成長ホルモンが分泌されて髪が成長するのですが、睡眠の質が悪いと成長ホルモンがしっかり分泌されません。

このように〆のラーメンには育毛によくないことがたくさんあるのです。
完全に断つとそれはそれでストレスを溜めてしまいそうなので、ほどほどにとどめておくのが賢明です。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト